講師プロフィール

屋山 太郎ややま たろう

政治評論家

屋山 太郎

登録ジャンル

政治/国際情勢/国内情勢/教育/青少年育成/イベント/トークショー

プロフィール

生年月日 1932年6月4日
出身地 福岡県
現職 政治評論家
産経新聞の「正論」欄、静岡新聞「論壇」を二十余年に渡り執筆中。月刊誌『WILL』の連載コラム担当、ほか『正論』、『諸君』、などに
常連執筆
02年第17回「正論大賞」受賞。TV「日曜放談」のレギュラー
メンバーを七年間つとめた。「たけしのTVタックル」「たかじんの
『そこまで言って委員会』」にコメンテイターとして出演中。

経歴

学歴 59年東北大学文学部仏文科卒
職歴 同年時事通信社入社、政治部へ配属
65年ローマ特派員(3年)帰国後政党担当の後、首相官邸キャップ。77年ジュネーブ特派員(4年)
帰国後、解説委員兼編集委員。87年退職
公職 81年 第二次臨時行政調査会(土光臨調)に参画
引き続いて、第一次〜第三次行政改革推進審議会専門委員
84年 臨時教育審議会専門委
98年 選挙制度審議会委員
07年 年金記録問題検証委員
公務員制度改革懇談会委員

主な著書

主な著書 『日本の政治はどう変わったか』(PHP研究所)
『国鉄に何を学ぶか』(文芸春秋社)
『世直し減税革命』『官僚亡国論』(いずれも新潮社)
『責任者出てこい』(PHP出版)『私の喧嘩作法』(扶桑社文庫)
『抵抗勢力は誰か』(PHP研究所)
『自民党「橋本派」の大罪』(扶桑社文庫)
『道路公団民営化の内幕』(PHP新書)
『なぜ中韓になめられるのか』(扶桑社) 2005年9月
『小泉純一郎宰相論』(海竜社) 2005年12月
『日本の教育 ここが問題だ!』(海竜社)2007年2月
『天下りシステム崩壊』(海竜社)2008年7月
『JAL再生の嘘』(PHP研究所)2010年3月

 
 

 

PageTop